【 ディスクユニオン 新宿ロックレコードストア 】2フロアでレコード30,000枚、ディスクユニオン唯一のロックレコード専門店。ビギナーの方からコレクターの皆様までディープにレコードに浸れます!オリジナル盤やビートルズのラインナップはディスクユニオン随一。専門店ならではの高額買取もお任せ下さい!  tel : 03-6380-0235 / e-mail : ds13@diskunion.co.jp


                 
★72年4THがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤LPで登場!!


●BABY I'M-A WANT YOU (180G LP) / BREAD ブレッド 輸入LP 4,752円(税込) (MOBILE FIDELITY SOUND LAB / MOFI336)



70Sソフト・ロック最高のメロディ・メイカーDAVID GATESを中心に腕利きのスタジオ・ミュージシャンによって結成されたポップ・ロック・アウトフィットBREAD。

"BABY I'M-A WANT YOU"、"EVERYTHING I OWN"、"DIARY"、"MOTHER FREEDOM"の4つのトップ40ヒットをフィーチャーした本作は、レコーディング途中でオリジナル・メンバーのROBB ROYERが脱退、代わりにWRECKING CREWでもおなじみの名セッション・キーボーディストとして知られたLARRY KNECHTELが加入した初めてのアルバムとなりました。

NIRVANAの"SMELLS LIKE TEEN SPIRIT"と相似するリフも指摘されるハードなギターが印象的なロッカー"MOTHER FREEDOM"でスタートし、GATESのファルセットも麗しくBREADの代名詞的胸キュン・バラッドに仕上がったタイトル・トラック"BABY I'M-A WANT YOU"、一転軽快なロックンロール・ポップ"DOWN ON MY KNEES"、のちKEN BOOTHE~BOY GEORGEにスウィートなレゲエ・ヴァージョンでもカヴァーされる美しいアコースティック・チューン"EVERYTHING I OWN"、ANITA KERRのイージー・リスニング・ヴァージョンでも知られるジェントルでセンチメンタルな弾き語り"DIARY"、サイケデリックでハード・ロッキンな異色の"DREAM LADY"、GATESに勝るとも劣らないJIMMY GRIFFIN作のたおやかでドラマティックな美メロ・バラッド"JUST LIKE YESTERDAY"などなど、BREADの持つソフトな面とハードな面がバランスをとりながらヴァラエティ豊かに展開、全体としてメロウなAMレディオ・サウンド満載のタイムレスな名作に仕上がった代表作です。

3000枚限定盤。ゲートフォールド・スリーヴ装。

ソングリスト

01. Mother Freedom
02. Baby I'm-A Want You
03. Down on My Knees
04. Everything I Own
05. Nobody Like You
06. Diary
07. Dream Lady
08. Daughter
09. Games of Magic
10. This Isn't What the Governmeant
11. Just Like Yesterday
12. I Don't Love You



★驚愕の未発表録音、レジェンドの1STデモ音源が発掘2LPリリース!


●400 MILES FROM L.A. 1955-56 (2LP) / LEE HAZLEWOOD リー・ヘイゼルウッド 輸入LP 4,104円(税込) (LIGHT IN THE ATTIC / LITA176-1)

50年代からプロデューサーとして活躍し、MGM、MERCURY、 WARNER BROTHERSなどで伝説的な仕事を多く残してきたソングライター、プロデューサー兼ビジネスマンにしてソロ・シンガー・ソングライターLEE HAZLEWOOD。

1955年、アリゾナ州フェニックス。25歳のローカルなディスク・ジョッキーで駆け出しのソングライターLEE HAZLEWOODは、いままさに音楽産業に参入しようとしていました。アメリカを横断する長距離バス、グレイハウンドに乗り込み、何度と無くLAへ曲を売り込みに行っては拒否されていた彼は、遂に自宅近くに自身のレコード・レーベルVIV RECORDSを起ち上げます。アーティストを発掘し、曲を書き、セッションをプロデュースし、レコード・プレスの手配をし、ディストリビューションもハンドリングしていた若き情熱の日々。近年見つかったテープ・アーカイヴに奇跡的に残されていた彼のファースト・デモ録音がファン驚愕の発掘音盤化です。

多くの未発表楽曲と共に、"LONG BLACK TRAIN"、"SON OF A GUN"などのち63年のソロ名義1ST『TROUBLE IS A LONESOME TOWN』に収録される楽曲の初期ヴァージョン等で構成される彼の最古の録音の数々をコンパイルした全24トラック。自ら歌い、ギターを弾き、テープ・マシーンの録音ボタンを押すLEE HAZLEWOOD。小さな町から壮大な夢を紡ぎながらのちのレジェンドが過ごした青春時代の貴重すぎる記録が今蘇ります。

オリジナルVIV RECORDSアナログ・テープからのリマスター。ゲートフォールド・スリーヴ装。

ソングリスト

Disc 01
1. Cross Country Bus
2. The Woman I Love
3. Five Thousand and One
4. Lonesome Day
5. A Lady Called Blues
6. Five More Miles to Folsom
7. Fort Worth
8. The Old Man and His Guitar
9. Peculiar Guy (Solo Version)
10. Long Black Train (Solo Version)
11. I Guess It'S Love
12. It'S an Actuality
13. Buying on Time
14. The Country Bus Tune

Disc 02
01. Long Black Train (Band Version)
02. Run Boy Run
03. Big Joe Slade
04. Son of a Gun
05. Georgia Chain Gang
06. Look At That Woman
07. Peculiar Guy (Band Version)
08. The Railroad Song
09. Six Feet of Chain
10. Trouble Is a Lonesome Town



★74年ライヴ・アルバムが180グラム重量盤2LPアナログ・リイシュー!



●THE GREGG ALLMAN TOUR (180G 2LP) / GREGG ALLMAN グレッグ・オールマン 輸入LP 4,968円(税込) (UNIVERSAL / 776-570)


名盤の誉れ高い73年の1STソロ・アルバム『LAID BACK』のプロモートとして1ヶ月に及び行われた翌74年のツアーより、4月10日&11日のニューヨークのCARNEGIE HALL公演と4月13日のニュージャージーのCAPITOL THEATRE公演からのハイライトをコンパイルしたソロとして初のこちらも傑作ライヴ・アルバム。

スタジオ作にも参加した ギターTOMMY TALTONにSCOTT BOYER、ドラムスBILL STEWART、サックスRANDLE BRAMBLETT、ベースDAVID BROWNという盟友バンドCOWBOYを中心に、ALLMAN BROTHERS BANDのCHUCK LEAVELLにJAIMOE、KEN TIBBETTSらをバックに従え、ブラス隊にコーラス、さらにJOE COCKERの70年名作ライヴ盤『MAD DOGS & ENGLISHMEN』にインスパイアを受けて揃えたという24人編成のオーケストラも帯同した豪華な布陣で臨まれ、

"DON'T MESS UP A GOOD THING"、"QUEEN OF HEARTS"、"WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN"といった『LAID BACK』からの楽曲はもちろん、ALLMAN BROTHERSクラシック"DREAMS"や"STAND BACK"に、ALLMANも取り上げたBOBBY BLANDの"TURN ON YOUR LOVE LIGHT"やCHUCK WILLISの"I FEEL SO BAD"といったカヴァー曲、また途中GREGGがオルガンに専念しながらCOWBOYとしてパフォーマンスした"TIME WILL TAKE US"と"WHERE CAN YOU GO?"の2曲も差し挟みつつ、『BROTHERS AND SISTERS』のアウトテイク"DOUBLE CROSS"、妻JANICE B. ALLMANとの共作ピアノ・バラッド"ONCOMING TRAFFIC"も披露するなど、終始レイド・バックした名演を響かせる全12曲を収録しています。

プロデュースは『LAID BACK』同様にJOHNNY SANDLINとGREGG ALLMA。全米アルバム・チャート50位。
ソングリスト
Disc 01
A1. Don't Mess Up a Good Thing
A2. Queen of Hearts
A3. I Feel So Bad
B1. Stand Back
B2. Time Will Take Us
B3. Where Can You Go
Disc 02
C1. Double Cross
C2. Dreams
C3. Are You Lonely for Me Baby
D1. Turn On Your Love Light
D2. Oncoming Traffic
D3. Will The Circle Be Unbroken


★73年1STソロが180グラム重量盤アナログ・リイシュー!


●LAID BACK (180G LP) / GREGG ALLMAN グレッグ・オールマン 輸入LP 4,752円(税込) (UNIVERSAL / 774-1387)


兄DUANE亡き後、ALLMAN BROTHERS BANDの中心として活躍したGREGG ALLMAN。バンドとして初めて全米1位を獲得した同年8月の名作4TH『BROTHERS AND SISTERS』のわずか2ヵ月後にリリースされたソロ・デビュー作。大人のロック名盤との評価のとおり、男の背中を突き刺す切ない歌声、夕焼けに映えるメロウなソウル・フィーリング、感情を一歩後ろに置いてきたような、よりパーソナルで妙に無表情な雰囲気。楽曲の良さとアレンジ、演奏に至るまで、まさにこの時のGREGGにしか作り得なかった唯一無二の傑作盤に仕上がっています。

ABBの70年2ND『IDLEWILD SOUTH』からの"MIDNIGHT RIDER"と"PLEASE CALL HOME"の物悲しい再録をはじめ、ブルースな書き下ろしオリジナル"QUEEN OF HEARTS"にカントリー・サイドを覗かせるJACKSON BROWNEの"THESE DAYS"やBOOKER T. & THE M.G.'Sも取り上げたR&Bクラシック"DON'T MESS UP A GOOD THING"といったカヴァー、参加するSCOTT BOYERのペンによるCOWBOYの"ALL MY FRIENDS"、HOUR GLASS時代からの盟友JOHNNY SANDLINとの共同アレンジによるトラッド聖歌"CAN THE CIRCLE BE UNBROKEN"など、R&Bにソウル、カントリー、フォーク、ゴスペルといった愛するアメリカン・ルーツを織り交ぜながらホーンやバック・コーラスも配置、ゆったりとしたサウンドの中でリラックスしたヴォーカルを聴かせ、それまでバンド周りのスタジオ用語だった「レイド・バック・フィーリング」がロック界を席巻しブームとなる程のヒットを記録しました。

バックを固めたのはABBのCHUCK LEAVELLにBUTCH TRUCKS、JAIMOE、COWBOYのTOMMY TALTONとSCOTT BOYER、BILL STEWART、CHARLIE HAYWARD、PAUL HORNSBY ETCというある意味いつもの面子ながらも結果としてABBそのものにはなっていないところも秀逸です。GREGGとともにプロデュースを務めたのはやはり旧知のJOHNNY SANDLINという安心の一枚。ジャケット・アートワークはMILES DAVISの『BITCHES BREW』でおなじみのABDUL MATI KLARWEINが手掛けています。

ソングリスト
A1. Midnight Rider
A2. Queen of Hearts
A3. Please Call Home
A4. Don't Mess Up a Good Thing
B1. These Days
B2. Multi-Colored Lady
B3. All My Friends
B4. Will the Circle Be Unbroken
 


-----------------
◆掲載品は全て通販OKです!
◆通販の詳細はコチラ
◆TEL(共通) 03-6380-0235 Eメール: ds13@diskunion.co.jp
廃盤アナログセールカレンダー
ヤフオク! 出品中
メルマガ登録!
ロック/プログレ高価買取最新情報
J-ROCK&J-POPレコード高価買取
駐車場サービス

駐車場サービスあります!

ディスクユニオンへご意見/ご要望
ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
20
22 23 24 25 26 28
29
忍者カウンター

ディスクユニオン新宿 ロックレコードストア
TEL:03-6380-0235 営業時間:11:00~21:00(日・祝は~20:00まで) e-mail:ds13@diskunion.co.jp