【 ディスクユニオン 新宿ロックレコードストア 】4F/5Fの2フロアで新品・中古あわせて"30,000枚”、オールジャンルを取り扱うディスクユニオン最大規模のレコード専門店。はじめてレコードを手にとるお客様からコレクターの皆様までアナログ・レコードの魅力を存分にお楽しみ頂けるお店です。専門店ならではの高額買取もお任せ下さい! TEL : 03-6380-0235 / e-mail : ds13@diskunion.co.jp


                 

SHANNON SHAW初ソロ・アルバム『SHANNON IN NASHVILLE』リリース!

●SHANNON SHAW / SHANNON IN NASHVILLE (VINYL) 輸入LP 3,024円(税込) (NONESUCH / 7559793083)
SHANNON & THE CLAMSのミス・ダイナマイト、SHANNON SHAWが歌う甘く切ない総天然色のレトロ・ポップ。オール・ナッシュヴィル・レコーディングによる初ソロ・アルバム『SHANNON IN NASHVILLE』リリース!


ブラック・キーズのダン・オーバック拘りのミュージック・レーベル、EASY EYE SOUND。昨年6月に自身のソロ・アルバム『WAITING ON A SONG』をリリースして以来、通をも唸らせる音楽的審美眼で、数々のオリジナリティ溢れるアーティストとアルバムを世に送り出し、音楽ファンを唸らせている。

そのEASY EYE SOUNDから最新アルバム『ONION』を今年2月にリリースした、オークランドのガレージ・パンク・ロック・バンド、SHANNON & THE CLAMS(シャノン&ザ・クラムス)。

その創設メンバーの一人である、シャノン・ショウが、初めてとなるソロ・アルバムをリリースする!待望の初ソロ・アルバムのタイトルは『SHANNON IN NASHVILLE』。

0このタイトル、実はダスティ・スプリングフィールドの代表作でもある大傑作『DUSTY IN MEMPHIS』へのオマージュであるのだ。

アルバムのプロデュースを手掛けるのは、勿論ダン・オーバック。
ナッシュヴィルにある彼のスタジオ、EASY EYE SOUNDでレコーディングされた本作には、EASY EYE SOUND作品ではすっかりお馴染みのデイヴ・ロウ(ベーシスト)やラス・パール(ギター)などを含む凄腕ベテラン・セッション・ミュージシャンたちからなる、スタジオ・ハウス・バンドがシャノンのバックを固めている。

そのメンバーには、かつてメンフィス・ボーイズやアメリカン・サウンド・スタジオ・ハウス・バンドの一員として、エルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリン、そしてダスティ・スプリングフィールドの楽曲でも腕の冴えを聴かせていた、ジーン・クリスマン(ドラムス)とボビー・ウッド(キーボード&パーカッション)も加わっている。


現在リード・トラックとして、アルバムの3曲に収録されている「Broke My Own」が公開中!この曲だけでなく、アルバム全編にわたり、ナッシュヴィル・サウンドとモータウン・サウンドを隙間なくぴったりと融合させたオーケストレイションが繰り広げられ、そこにカントリーとポップをクロスオーヴァーさせたブレンダ・リーやパッツィ・クライン、また60年代のガールズ・ポップ・グループを彷彿させるようなシャノンのヴォーカルが絡み、ちょっぷりほろ苦くも、甘く切ない、総天然色のレトロ・ポップ・ワールドが繰り広げられているのだ。

シャノンがBillboardとのインタビューで語ったことによると、本作は、「007シリーズ作品みたいなものを思い起こさせるように映画的で、夏っぽい雰囲気を持った、60年代にインスピレーションを受けた」アルバムであるという。

アルバムを制作するにあたって彼女は6曲持ち寄り、残りは、アルバムに参加したミュージシャンたちと一から作ったという。

彼女にとって、ソロ・アルバムを制作することも、自分より年上で多くの経験を持つ、音楽で生計を立てている年期の入ったプロ・ミュージシャンたちと一緒にソングライティングやレコーディングを行うことも、全く初めての経験だった。

自信を失くしたり、自分はこの場にいるのが相応しくないのではないかと、最初は不安に感じていた時もあったそうだが、ベテラン・ミュージシャンたちが持つ、地に足についた温かい雰囲気と謙虚さ、そして彼女を応援しようとする心映えによって、シャノンは、自分が彼らの仲間であること、そして彼らが、彼女がソロ・アルバムに対して持つヴィジョンを形にするために、一緒に仕事をしているのだと実感することが出来たという。

本作のレコーディングは、彼女にとって自身の音楽的領域を広げる大きな経験となった。「彼らとのソングライティングは、自尊心を鍛える良い経験になった――自分がアーティストであり、グレイトなソングライターであり、ここにいる意味があるんだと自分に言い聞かせていたの」そう彼女は語る。


ダン・オーバックがガレージ・パンク界から発掘し、ナッシュヴィルのEASY EYE SOUNDで磨き上げたダイヤモンドの原石、シャノン・ショウ。

自身のグループ作『ONION』で一皮も二皮も剥けた彼女が、このオール・ナッシュヴィル・レコーディング作『SHANNON IN NASHVILLE』で、レトロでポップなテクニカラーのエヴァグリーンな輝きを放つ!


--------------------
◆掲載品は全て通販OKです!
◆通販の詳細は
コチラ
◆TEL(共通) 03-6380-0235 Eメールds13@diskunion.co.jp
 


最新情報

ディスクユニオン
新宿ロックレコードストア

住所:〒160-0022 東京都新宿区
新宿3-34-12下菊ビル4F/5F
TEL:03-6380-0235
e-mail : ds13@diskunion.co.jp
営業時間 12:00~21:00 (日・祝20:00) (当面の間)

ディスクユニオン
新宿ロックレコード買取センター

TEL:0120-980-509
(携帯電話からは 03-6380-0374)
営業時間 (時短営業)12:00~19:00

ディスクユニオンの中古レコード・CD通販


ロック/プログレ廃盤アイテムリスト公開!!


新宿ロックレコードストア新品予約カレンダー 3/22(日)更新
 

当店の新着中古入荷情報はコチラ
 

全店のロック中古情報まとめブログはコチラ
 
駐車場サービス

駐車場サービスあります!

ディスクユニオンへご意見/ご要望
ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望
ブログ内検索
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30
忍者カウンター

ディスクユニオン新宿 ロックレコードストア
営業時間(時短営業):12:00~19:00 / TEL:03-6380-0235  / e-mail:ds13@diskunion.co.jp